2017年10月1日日曜日

アメリカに来て知ったとてもいい曲!! Vol.2


Best Songs in the USA!!


アメリカの曲を紹介するコーナーの第二弾です!!

前回は2016年に出た曲を主に紹介しました。

今回は2016と2017にアメリカで流行った曲を紹介して行きたいと思っています。

もしかしたら日本でも流れたかもしれない曲もあると思うので注意深く聞いてみてください。

また、知らない曲でもきっと好きになると思うのでぜひ聞いてみてください。

どの曲もアメリカのパーティーでよく流れる曲なので、すごくノリノリに慣れると思います。

では、ご紹介させていただきます!!!

2017年8月23日水曜日

お引越しは大変だ!!

お引越しの辛さ

お引越しというものは個人でやるのはとても辛いものです。

ビジネスとして成り立つということはお引越しは手軽にできるのではないということです。

アメリカで古い寮から新しい寮に移る際にはあたりまえですがお引越しをしなければいけません。

ご存知の通りアメリカの大学は日本の大学とは比較にできないほど大きいです。

例え小さな大学だとしても十分に広いと言えるほどの大きさがあります。

そんな時に寮から寮まで全て手で運ぶのは途方にくれるほど大変です。

車を持っていればささっと終わります、しかし3階など高い階に住んでいる場合はさらにそこから運ばなければいけません。

特に冷蔵庫や電子レンジなど重たくて大きいものを運ぶことは非常に大変で危険を伴います。

なので、日本でもですがアメリカでは特に友達などに協力してもらうといいでしょう。

もし頼れる友達が近くにいなくても近くにいる誰かに頼めば基本的に協力してもらえます。

そこから友達として発展させて行くのもいいでしょう。

なので引越しの際に大変な時は無理をせずに誰かに助けを求めるようにすることをオススメします。

また逆に誰かが引越しなどで困っていたら言われなくても手伝うようにすれば将来的に自分の分のお手伝いもしてくれるかもしれません。

とにかく人とのつながりの多さが学校生活の人生の大きな支えとなるのです。

まあ、とにかくこれからお引越しがある人は協力し合って頑張ってください。

にほんブログ村 海外生活ブログ 海外留学(アメリカ・カナダ)へ

2017年8月15日火曜日

まじか...アメリカの日焼け事情

美白大好き?

日本人女性は年がら年中肌に気をつけています。

紫外線の多い夏や乾燥する冬には女性たちは特に神経質になります。

多くの日本人女性が目指しているのはもっちり美白肌です!

確かにもっちりで透き通るような白い肌は綺麗ですね。

ですがアメリカ人女性のお肌事情は日本と大きく異なり、日本人女性が聞いたらきっとその違いに驚くでしょう。


アメリカ人女性はとにかく日焼けして肌を黒くしたいという人が多いです。

そのためビーチなどで日焼けしている姿が多く見られます。

アメリカ人女性で今まで紫外線対策をしている人を見たことがあえりありません。

もしかしたら紫外線対策をしている人もいるとは思いますが日本のように多数ではないです。

なんで日焼けするの?

日焼けとは火傷の一種なので当然肌にダメージを与えることになります。

しかも、日焼けのしすぎは思わぬ病気に繋がってしまうかもしれません。


ではなんでそんなにアメリカ人は日焼けを積極的にするのでしょうか?

理由は日焼けした褐色の肌の方が健康的に見えるからです。

日焼けをするアメリカ人は白人が多いと思います。

アメリカの白人の友達が言っていましたが、白人の肌はPaleだと言っていました。

Paleとは青白いという意味です。

白人はもともと肌が白く病的に見えてしまうのが好ましくないから日焼けをするらしいです。

個人的には日焼けをしていない部分を見ても白人の肌が病的に白いとは思いませんが日焼けをするというのがアメリカの文化なのでしょう。

あるアメリカ人の女の子は日焼け前の本人とは見分けがつかないほどがっちり日焼けしていました。

アメリカ人女性はそうとう日焼けに凝っているのだと改めて感じました。

この動画を見ていただけるときっとわかると思います。

セレナードと共にどうそ!!


日本人のアメリカで日焼けすべき?

郷に入れば郷に従えと言いますが日焼けに関しては個人の自由だと思います。

無理に日焼けをする必要もないですし、日本にいた頃のように美白対策をしてもいいと思います。

アメリカで美白対策をしているからと言ってなにか変な目で見られることもありませんからそんなにビビらなくても大丈夫です。



では残りの夏を十分に満喫してくださいね!!!!!

にほんブログ村 海外生活ブログ 海外留学(アメリカ・カナダ)へ

2017年8月9日水曜日

1学期の授業数ってたったの6つ??!!

授業数の違い!!

日本と違ってアメリカの授業数はだいたい一学期で4個から6個くらいです。

日本の大学生が聞いたらきっと驚くでしょう!!

なぜなら、日本の大学は授業数が15くらいと聞いたのでそれの半分もみたないくらいなのですから。

ですが、アメリカの大学の授業が決して少ないわけではありません。

日本の大学の授業数の数え方はコマ数で数えるらしいですね。

要するに、いくつ授業を一週間で受けるかということですね。

一方、アメリカの大学の場合はいくつ授業を取っているかということになります。

なんかややこしくなってきたのでもう少しわかりやすく説明します。

アメリカの大学でもし物理、数学、心理学、化学を取っていたとして授業数をきかれたら4つになるのですが、実は物理だけでも一週間で4コマ分の授業があります。

これは物理だけでなく他の教科でも同様です。

なので、一週間でのトータルのコマ数は日本もアメリカもあまり差がないのではないかと思います。

実際、アメリカでは何コマ取ったかという話はしません。

なんの授業を取ったのか、そして何単位分取ったのかを話題にします。


授業数が少ないけど...

聞いた話だと日本の大学は同じ授業が一週間に1回しかないとのことです。

要するに、解析学は一週間に1コマしか授業がないとのことです。

ですが、アメリカでは先ほど話したように行列という授業があったらそれを一週間に3コマ授業をします。

そのため、教科的にはアメリカの方が数が少なく思えますがその分その教科の学習進度が上がり内容もより濃いものとなっていきます。

ちなみに、それらの授業のサイクルは一学期で終わって次の学期からはまた新しい授業を取るようになっています。

これも日本と違うところですね。

日本は教科によって違うらしいですがだいたい一年のサイクルで授業を進めるらしいですね。


日本とアメリカのこのような違いがあることから以前面白いことが起こりました。

日本の友達が数学を半年間大学で授業を取っていて、自分もアメリカで同じ分野の数学を半年間授業を取っていたのですが、同じ半年の勉強期間でも一週間の授業数のせいなのか進度が全然違いました。

2ヶ月くらいで終わっていた内容を日本の大学の友達は学期の終わりの方に勉強していました。

どちらがいい悪いはありませんがゆっくり進めたい人は日本でどんどん授業を進めて欲しい人はアメリカがオススメなのかもしれません。

アメリカは進度が早いだけでなく、課題なども多いので大変ですよ。

図書館にこもりっぱなしの人もいるくらいです。

アメリカの大学を目指している人はそこらへんも気をつけておいてくださいね


ではでは!!

にほんブログ村 海外生活ブログ 海外留学(アメリカ・カナダ)へ

2017年8月6日日曜日

これを見れば怖くない!アメリカ人はみんな優しい!

初めての海外、こわいよー!

初めての経験というのはどんなものでもこわいものです。


しかもそれが自分の自信のないものであったりアウェイであるとなおさらですね。


今回は初めて海外に行く人、すなわち旅行だったり留学だったりなんでもですが自分の住み慣れた日本を離れて知り合いのいない日本語の通じない海外に行った時に怖気付いて何も出来なくならないようにするための対処法を紹介します!!


まあ、海外に行って何にビビるかと言うと会話だったり友達作りだと思います。

アメリカの場合は英語を話すことになると思いますが、いくら英語で話が出来たとしても初対面の人と、しかも海外の人と話すことはビビると思います。

たとえば可愛いタイプの女の子がいて話しかけようと思ってもビビって話しかけれない的な感じです。


ですが、話しかけないとなんの進展もありません。

もしうまくいかなくても次に行くことが出来ますが、話しかけなかったらずっと現状は変わらないままです。

そんな時に勇気が欲しい!!

なら何をするか?

YouTubeでしょ!!

海外ではSocial Experimentといった類の動画が山ほどあります。

なのでそれを見れば一般人がどのような反応をするのかがわかるので参考になると思います。

まあ、動画をみるなら面白くて役に立ってかつ英語の勉強になるものをみたいと思うでしょう。

そんなあなたには青の便座!

ではなくこれらの動画をオススメします!



How to make friends at college?

この動画は大学で友達をどうやったら作れるのかと言うものです。

見ていただければわかると思いますが、実際にヤラセなしで行われているので非常に役に立つものだと思います。

アメリカ人はみんなオープンなので積極的に!!


Nerd making friends on 1st day of school

もし自分がナード、要するにオタクだと思う人はこれをみるといいでしょう!

自身がつくのではないでしょうか?

可愛い女の子とだって友達になれますよ!

自分の中の壁を乗り越えるだけ!



Hitting on college babes!!

続いてはこの動画です。

大学の女の子をナンパしようと言うのがコンセプトです。

シラフの状態で初めて会った人でもこんな簡単に電話番号がゲットできてしまいます!

アメリカでは日本と違ってあまり個人情報を気にしないらしいのでこのようなことができるのかもしれません。

つまり...

とにかく、アプローチをすると言うことが大事なんですね。

話しかけられて嫌だと言うことはないと思います。

しかもそれが自分のタイプの異性だった場合は嬉しいですよね?

ですからどんどん話しかけて行きましょう!

動画を見ていただければわかると思いますが
アメリカ人はみんな優しい
です。

また、大抵目と目があえば自然と微笑んでくれます。

それはある意味話しかけてもいいですよのサインです。

微笑んでもらえなくても基本的に話しかけても大丈夫です。

自信を持って!


ちなみにこの動画のチャンネルは結構面白いものが多いので興味があれば他も見ていただけるといいかと思います。

英語の勉強にもなりますよ!

また、差別されるのかなと思っている人はこの記事を参考にしてください。


では海外を楽しみましょう!!

にほんブログ村 海外生活ブログ 海外留学(アメリカ・カナダ)へ

2017年8月3日木曜日

シリコンバレー(Silicon Valley)が熱い!!

シリコンバレー!!

アメリカと行ったらやっぱりシリコンバレーでしょう!

シリコンバレーとはカリフォルニア州にあるコンピュータ産業が盛んな地域のことです。

コンピュータの中にあるCPUの資源であるシリコンという金属が多く採れることからこの名前が付いています。

FacebookやApple、Googleなどの多くの一流コンピュータ企業が集まっているアメリカでもっともホットな場所の1つです。


シリコンバレーには誰でも知っている一流企業だけでなく、知名度こそありませんが将来一流企業と肩を並べるであろうスタートアップという会社も存在します。

今回はこのスタートアップに焦点を当てた話をして行きたいと思います。

2017年7月29日土曜日

アメリカにいるならジムに行け!!

事務?いやいやジムだよ!!

映画などでマッチョな男子やスタイルのいい女子が出てくることが多くありますが、おそらく多くの人が映画の中だけでしょ!と思っているかもしれません。


ですがそれは違います!!

場所にもよりますが基本的にどんなところでもアメリカにマッチョな男子やスタイルのいい女子が多くいます。

実際かっこいい身体や綺麗な身体を一回でも手に入れてみたいと思いますよね。


彼らはどうやって理想の身体を手に入れているのでしょうか??


正解は....

ジム!!!Gym!!!!

そうなんですよ。はいジムです。


日本でジムと行ったら事務の方ですがアメリカでは当たり前ですが鍛える方のジムになります。


そうなんです!彼らはもともと身体がむきむきだったりスタイル良かったりしていたわけではないんです。


アメリカでは早いと中学生から、遅くても高校からジムに行くようになるらしいです。

もちろん全員が行くわけではないですが健康意識が高い人やスポーツをしている人が利用します。

アメリカには中学にあるかどうかは知りませんが高校、大学は基本的にジムが学校内にあります。

さらに、そのジムは無料で使うことができます。

年会費なども一切ありません!!


なので行きたい時にいつでも行って鍛えることができます。


ジムには男ばっかで女子が入る余地なんてないんじゃないの?と思われるかもしれませんがアメリカは日本ではありません。

アメリカでは女子にとっても男子にとってもジムはポピュラーなものなので性別関わらず誰でもウェルカムなのです。

誰でもとはスポーツをしていない人も例外ではありません。

だから大丈夫です。

また、自分だけ軽い重量で鍛えているなんて恥ずかしいなんて思わなくて大丈夫です。

誰もそんなこと気にしていませんし、人には人の乳酸菌のように人には人の重量と言うものがあるのです。

重たいものを持てるマッチョたちも昔は軽いものから始めていたのですから!

たのしいジム!

初めてジムに行くときは色々といらない緊張をしますが実際筋トレやエクササイズをしているとなかなかハマるものです!


頑張った分筋肉は大きくなって自分の思う理想の身体になりますし、意外とジムで新しい交友関係も育まれたりもします。

もし一人でジムに行くのが億劫だと思う人は友達を誘って行くと行きやすいと思います。


想像してみてください。

鍛えていれば男性の場合は彼女にいい身体だね、と言ってもらえますし、何より自分に自信が持てます!モテます!

女性の場合も彼氏や友達からスタイルいいね!って言ってもらえます。モテます!

なので、ジムに行くことはたのしい、美味しい、料理はミラクル並みにいいことなのです。

だから、ジムに一回でもいいからまずは行ってみよう!

筋肉をつけたいと言う人はプロテインを飲むことも忘れないように!


では理想の体を手に入れるためにガッツ!!!!!!!!!


にほんブログ村 海外生活ブログ 海外留学(アメリカ・カナダ)へ

2017年7月27日木曜日

アメリカのプロテインを買ってみた!!


おいおい、でかすぎだろ!!

アメリカサイズはビッグサイズだというのはよく聞きますし、実際に生活していてわかっ
ていたのですがプロテインの入れ物の大きさは全然違うぜ!


このGold Standardというプロテインを買いました。


Amazonから買ったのですが箱から開けてみたらびっくり仰天ですよ。


こんなでかいプロテインの入れ物なんてあるんかい!ってほどの大きさです。


上の写真をみていただければわかると思いますが。。。はい普通にでかいです。

日本のプロテインは基本袋に入っていますがアメリカはでっかいボトルに入っています。


ちなみにこの入れ物にだいたい2.3キロのプロテインが入っています。

値段は円に換算するとなんとたったの5500円前後です。

安すぎだろ!

日本のプロテインは1キロ程度で4000円くらいするので非常に良心的な値段です。

では、プロテインの質はどうなのでしょうか?

もちろん本場アメリカだから品質もいいよ!!

一回分30グラムにタンパク質は24グラムも入っています。

さらにさらに、BCAAまでも4グラム入っているのですよ。

下の栄養表記が参考になると思います。



このプロテインのボトル一個で74回飲むことができます。

1日3回飲んだらだいたい一ヶ月で飲みきる感じです。

きっと気になるところはプロテインの味やどのくらい水に溶けやすいかだと思います。

実際に飲んだことのある味の種類は二種類でダブルリッチチョコレート味とココナッツチョコレート味です。

味は2つとも美味しかったです。

甘すぎなくてうますぎました!!!!!!!!!

粉っぽさも全くしません。


一般的にダブルリッチチョコレート味の方が王道なのですが、個人的にはココナッツチョコレート味の方が好きです。

なぜならココナッツの風味がしっかりとしていて、まるでココナッツアイスを食べている感じになります。



次に水に溶けやすいかですが、日本のプロテインよりも水に溶けやすいです。

スプーンでかき混ぜるだけでも十分に溶けてくれるのでプロテインシェーカーを使ったらより簡単に溶けてくれます。


まとめ
肝心の体の方ですがGold Standardを飲んでから体がグンと大きくなったような感じがします。

なので、もし筋トレをしていてプロテインをどれにしようか悩んでいるならGold Standarを強くお勧めします。

アメリカにいる方はアマゾンで安く購入できます。

ですが、日本のアマゾンだと値段が高いのでアイハーブ?だったと思いますがそこだと安く買えるらしいので試してみてはいかがでしょうか?



でかい体を手に入れてモテまくろうぜ!!!!!

にほんブログ村 海外生活ブログ 海外留学(アメリカ・カナダ)へ

2017年7月15日土曜日

Friendアプリ!! 第二弾!!

Snappy Fish

第二弾の友達のアプリ紹介です。

新しいアプリはSnappy Fishというゲームアプリです!

このアプリは出てくる魚をSwordを使ってどんどん魚を切っていくゲームです。

このゲームのルール自体はものすごくシンプルなのでとても簡単に思っていましたが実際にプレイしてみると思った以上に難しいです。

何が難しいかというと、紫の魚は切ってはいけないのですがそれをうまく避けながら他の魚を切っていくことです。

また、スコアがどんどん上がっていくたびに難易度が上がっていくのでとてもやり込み要素があります。

現時点では200ぐらいしかスコアを出せていませんが、すごい人は300以上のハイスコアを出す人もいるみたいです。

これがスタート画面。
とても洗練されていてなんかやる気が出ます。


また、読んでみるとわかると思いますがこのアプリの説明文がなんか妙に面白いです。

なんかよくわからないですが魅力を感じます。


アプリのインストールはこちらからできます↓



とても面白いのでぜひやってみてくださいね。


にほんブログ村 海外生活ブログ 海外留学(アメリカ・カナダ)へ

2017年7月5日水曜日

蝉の声が... 聞こえない!!

蝉の声

日本で蝉の声を聞くというのは本格的に夏が始まったことを象徴することですがアメリカでは蝉の声が聞こえません。


日本人がアメリカで生活をしていると日本では当たり前のことが当たり前では無くなります。


そのため、微妙に体感季節?的なものが変わってきてしまいます。


アメリカは日本よりも暑く感じられますがなぜかまだ蝉の声が聞こえないためか夏何だけれど本当の夏ではない感じがしてしまいます。


日本にいると気づかないささえなことでも住む場所がかわるといい意味でも悪い意味でも日本を客観的に見つめることができると思います。


そのため、日本のいい部分や悪い部分を新たに見つけることができ、自分が気づいていなかった新しい日本というものが見えてきます。


なので、留学や海外旅行など一回日本を離れてみるというのは日本を再確認するいい機会になると思っています。


日本って退屈だなーと思っている人は一回、外の世界を見てみてはいかがでしょうか?



自分の知らない日本が、日常が見えてくるかもしれませんよ!


にほんブログ村 海外生活ブログ 海外留学(アメリカ・カナダ)へ

2017年6月6日火曜日

アメリカに行く前に発音練習!!


英語の発音 

アメリカに留学や旅行する際にみなさんが気になるのはお金よりもまずは英語力を気にする人が多いと思います。

なぜなら、英語が話せないと勉強でもショッピングでも困ることになりますよね。

さらに迷子になった時に英語を話せないと途方に暮れてしまうのはこりごりです。

そのため、アメリカに行く際にはある程度の英語力をつけておくべきです。

ですが、自分がどのくらいの英語力があるかわかりにくいし、学校のテストではいい点数を取れてもアメリカで通じなかったらあんまり意味ないですよね。

今回は日本人の英語の発音について書いていきたいと思います。

日本語の音の数は他の言語と比べて圧倒的に少ないです。

日本語は基本50音と濁音などの音ぐらいしかありません。

ですが英語はその50音に加えthrfなど日本語にない音がたくさん存在します。

実生活でもこのような英語の音をうまく日本語に置き換えて使われています。そのため、英語をあまり話さない人にとっては英語的には正しい発音をしていても普段英語の音に慣れていないことから間違った発音をしていると勘違いしてしまうということです。

例えば、smoothという単語ですが日本語ではスムースやスムーズと表記されます。本来発音すべきthの音が失われ、その代わりにsuzuなど間違った音に置き換わって発音で使われているのです。

なので、英語の発音を間違えて覚えるとアメリカに行った際に和製英語の間違った発音を使ってしまうせいで英語が通じなくなるということにもなりかねます。

おそらく日本語を第一言語としている人はthなどの日本人があまり気にしない音を英語のネイティヴスピーカーはちゃんと聞き取れているのかと疑問に思うかもしれません。

少しくらい発音を怠けても通じると思っている方は要注意です。

ネイティヴスピーカーは驚くことにしっかりと発音を聞き取っています。

いくらちゃんと発音をするようにしたほうがいいと言われても日本の学校では文法ばかり教えられてスピーキングの練習はしてこなかったと思います。

ですが、安心してください。

英語の発音をしっかりと矯正することができます。また、日本でやってきた文法が無駄になることはありません。

アメリカ人の友人が言っていましたが日本人は文法が他の国よりもしっかりできているからあとは自信を持って発音をするように練習すれば必ずうまくなると。

なので、日本人は全く英語ができないわけではないのです。ただ練習する機会が少なかっただけです。そのため、しっかりとみっちりと発音の練習をすれば誰でも綺麗な発音ができるようになります。

純日本人で海外経験がない人でも発音が綺麗な人がいますよね。練習をすればそういう人たちの一人にあなたもなれるということです。

では発音を矯正する方法を紹介します。

身近に英語のネイティヴスピーカーがいればその方にお願いして貰えばいいと思いますがそういう人はなかなかいないと思います。

そういう時はまずは発音の本を買いましょう。だいたい2000円前後で売っていると思います。

オススメはDVD&CDでマスター 英語の発音が正しくなる本 です。

イラスト付きで口の開き方や発音記号の読み方などが丁寧に買いてあります。また、DVDCDが付いているので飽きずに楽しみながら正しい発音を身に付けらます。

こんな方法で大丈夫なの?とかこんなのが学校でやったよ!と思う人もいるかもしれませんがしっかりした発音を身につけるには重要なステップです。どんなことにも基本からしっかりやっていくことが大事です。

当たり前ですが、基本を怠けているとあとで応用が利かなくなります。逆に今大変でも基本を乗り越えれば後で楽になります。

おそらく多く学生は発音の本を学校や塾で買わされて発音の練習をさせられたと思いますが、実際にちゃんと口を使って耳で聞いて目で見て発音の練習をしたという人はいないのではないでしょうか。

発音を学ぶ時に大事なのは観察をするということです。

そのため、発音の練習をする時は恥ずかしがらずに口を大きくしっかりと動かすようお手本を真似るようにしましょう。

また、アメリカのラジオやテレビ、映画を見るようにしましょう。そうすることでリスニングの勉強にもなりますし、英語のフレーズを覚えることができます。

初めは字幕付きでも構いませんが日本語の字幕はつけないようにしましょう。日本語字幕をつけてしまうと無意識に脳が日本語を優先させてしますからです。

字幕付きである程度慣れてきたら字幕をとって英語音声だけで映画等を見るようにしましょう。ここまで来るのに早くて1ヶ月もかかりません。

字幕なしで映画の内容を理解できた時の喜びは格別ですよ。

アメリカに行く際のオススメの映画はこちらです。

また、好きな洋楽があれば毎日歌うようにしましょう。アメリカ人が言っていましたが歌を歌っている時のほうが母国語の訛りが少なくなるらしいです。さらに、歌を歌うことでリラックスができて自信を持って発音できます。

そのため、毎日歌っていれば自ずと日本語のアクセントも少なくなっていき、発音もきれいになっていくでしょう。

ですが、アクセントがあることは別に悪いことでもありませんし、発音がしっかりしていればアクセントがあってもしっかりと聞き取れて貰えます。

日本でいうと関西弁でも関東の人は何を言っているか聞き取れると言った感じです。

ご存知の通りイギリスもオーストラリアも英語に訛りがあります。英語をきちんと発音できれば聞き取るのも苦ではないです。

ゆくゆくは各国の英語の訛りが区別できる日が来るかもしれません。

なので、アメリカに行こうと思っている人はぜひ英語の発音を学んでから行くようにすれば一段と旅行が楽しくなりますよ!!

にほんブログ村 海外生活ブログ 海外留学(アメリカ・カナダ)へ

2017年6月4日日曜日

アメリカの大学に行くメリットとは?


弱酸性じゃないのにアメリカに行くメリットは?

アメリカの大学に行く人の理由って実際本人以外わからないと思います。

わざわざ高い学費払って、英語とかいう未知の言語を使って、色々な人種のいるアメリカに行くなんて頭がおかしくなった人しかいないと思うかもしれませんがそうじゃない人もいます。

これまでの記事にもアメリカの大学に行くメリットを紹介していますが今回はもっと深く書いていこうかなと思っています。


そこに入る前にまずはアメリカ大学のおさらいです。

  • アメリカは4000校以上の大学があります。一方日本は1200校前後しかないみたいです。
  • 数字を見てもらえばわかると思いますがアメリカの大学は数が非常に多いです。
  • また、アメリカの大学は入学際に専攻を確定させる必要がありません。
  • 多くの国や人種が在籍していて多様性に富んでいます。
  • 世界でも最先端の技術を駆使して研究等を行なっているのでその分野のパイオニアと共に、そして自分がパイオニアになれる可能性があります。
  • 授業料が奨学金なしだと500万近く年間にかかります。
  • 一方、返済不要の奨学金が充実しているので留学生でも奨学金を手にすることができます。
  • 基本的にアメリカの大学ではルームメイトと共に寮で生活することになります。
  • 授業ではレクチャーだけでなく、より実践的なことをします。例えば、元手30万で投資を行なってみるなどです。
  • 教授との距離が近いので質問しやすいですし、人脈も広がりやすいです。

ざっとこんな感じでアメリカ大学の特徴をおさらいしてみました。

より深く、より広く!!

ではより深く広く説明して行きたいと思います。


まずはアメリカの大学数の多さについてです。

大学の数が多いということは選べる大学も多いですし、たくさんの大学が一斉に研究をしているので研究の伸びも断然に早く様々な研究機関の論文等が充実しています。

また、A大学に在学したとしてもB大学の授業を受けたりできる交換プログラムも実施している大学も多く存在するので自分の学びたい分野に強い大学で知識を深めることができます。

大学はアメリカの隅から隅まであるので立地も好きなところを選べます。


次に、専攻についてです。

専攻は日本とは違って専攻を必ずしも決める必要がないということです。

すなわち大学で学びながら自分の学びたい専攻を決めることができます。

また、専攻を決めていたとしても自分に合わないと感じれば自分の専攻を変えることができます。

ダブルメジャーやマイナーも取れるので幅広く学習することが可能です。

大学の多様性についてです。

アメリカ自体移民の国です。そのため、たくさんの国や人種から成り立っています。

それに加え、留学生もくるので非常に多くのバックグラウンドや思想を持った人がいます。

そのため、色々な考えや物の見方を学ぶことができ、それを研究やプロジェクトに生かすことが可能となります。

多角的で柔軟な考えをアメリカで学べます。

世界の最先端の研究についてです。

身の回りにある多くのものがアメリカから始まったものが多いです。例えば、インターネットやスマートフォン、バイオテクノロジーなどです。

世界最先端の物を学べるということは新しいアイデアをいち早く手に入れることができるということです。

また、それを上手く活用することで自分自身が将来新しい分野を切り開くパイオニアになれる可能性があります。

さらに、最新設備も潤沢にあり、研究資金も日本とは比較にならないほどあります。

そのため、研究を本気でしたいという人はアメリカに行くことに大きなメリットがあります。

授業料についてです。

アメリカの授業料は世界で群を抜いて高いです。ですがそれを全て払えというわけではありません。

アメリカは返済不要の奨学金がとても充実しています。頭がよくないともらえないんでしょ?と思うかもしれませんが必ずしもそういうわけではありません。

親の所得に応じてもらえる奨学金もあるのです。そのため、アメリカ大学の道は誰にでも開かれています。

中には全額免除の奨学金をもらえる場合もあるので努力次第でお金の方はなんとかなるかもしれません。

奨学金についてはこちらの日本の奨学金のページこちらのアメリカの奨学金のページを参考にしてください。

ルームメイトについてです。

アメリカ大学では寮で生活することが基本です。その時はもちろんルームメイトもいます。

一人部屋にすることも可能ですが、若干料金が高くなります。

ルームメイトがいると一緒に時間や考えを共有できます。

あのFacebookを作ったザッカバーグもルームメイトと共に会社を作っています。

ですが、ルームメイトとそりが合わない時もありますがそういう時はルームメイトを変えてもらうこともできます。

実践的な授業についてです。

アメリカは非常に実践的な授業をします。

数学の授業でも実際にその数学が何に使われているか調べて計算して発表したりしますし、中には実際にお金を使って学ぶ授業もあります。

このように実際にやってみてわかることもあるので勉強としても役に立ちますし、社会に出てから役に立ちます。

教授との距離が近いことについてです。

アメリカでは教授の距離が非常に近いです。

まるで友達と話しているみたいな感じで気さくに話してくれます。

そのため、質問もしやすいですし教授と仲良くなることで教授の知り合いにも会えますし、上手くいけば大学院や就職する際に推薦状を書いてもらったり紹介してもらえることがあります。

出る釘は打たれない!!

日本だと人と違うことをいい風に思わない人が多いですが、アメリカは違います。

人と違うことはいいことで、そのため新しいことをしようとしても否定せずに応援してくれます。

なので日本のそのような風潮が好きでない人はアメリカに来ると過ごしやすいかもしれません。


これらがアメリカに来るメリットです。

アメリカの大学を行こうか悩んでいる人はぜひ挑戦してみてください。

また、何か質問があればコメント欄から質問してください。

にほんブログ村 海外生活ブログ 海外留学(アメリカ・カナダ)へ

2017年5月30日火曜日

My Friendのアプリを再び徹底解説!!

要請がかかりました!!

またこの電卓アプリを紹介するように言われました。

前回紹介した時は記事の中で少しだけ触れただけなので今回はきちんとこのアプリを紹介することにします。

その記事はこちらから読めます。

なので今回はこのアプリの歴史から機能についてまで書いていきたいと思います。

友達曰く将来ビッグになった時のために書き残しておいてほしいみたいです。

妖精から要請がかかったのではしょうがありません。

ではこのアプリの歴史から紹介していきます。

歴史

このアプリの創作者である友人(以下、創作者)は大学でコンピュータサイエンスを学んでいるらしく将来コンピュータで食べていこうとしているらしいです。

ですが彼はこのまま毎日授業を受けているだけでは何も変わらないと思い何か自分で作るろうと思ったらしいです。

初めは通信アプリを作ろうと思ったらしいのですが初めから大きなことをする前に下準備が必要と思ったらしく、なにか簡単で実用的なアプリを作ろうとしました。

それがこのアプリです。

最初から電卓アプリを決めていたわけではなかったらしいのですがある記事を読んで電卓アプリを作ろうと思ったらしいです。

その記事の内容が電卓アプリから個人で1000万稼いだというものでした。

実際彼もそのアプリをインストールして利用してみたらしいのですが大してすごい機能が付いているわけでもなく自分でもっといいものが作れると思ったのがきっかけらしいです。

彼にとって初めてのアプリだったので作成に2週間ほどかかったらしいですが無事完成したみたいです。

さらに利用者を増やすために大学の友達に協力をお願いして多言語に翻訳してもらっていました。

今はインストール数を増やすためにASOの対策を頑張りながら新しいアプリを制作中らしいです。


では次は機能についての紹介です。

機能

Google Playにいって説明文を見てもらうのもでもいいですが一応ここにアプリの機能の説明もしておきます。

この電卓アプリは普通の電卓のように計算もできますが普通の電卓アプリとは全く違う点がいくつかあります。

まずは何桁の数字でも正確に計算できるということです。

普通だと13桁がマックスで表示される数ですがこの電卓を使えばどんなに大きな数字でも計算できます。

さらにこの電卓は連続で計算でき一番最新の計算結果をハイライトしてくれます。

この機能はかなり役に立ちます。

また、§マークのボタンをワンタップことで新しく計算を開始することができます。

この時古い計算結果も残っています。

そして§マークのボタンを長押しすることでこれまでの計算結果の合計と平均を出すことができます。

きっとこの機能は他の電卓にはあまり見られないこの電卓アプリならではの便利な機能だと思います。

また、右上のiマークのボタンから各設定を変えられることもできます。

他にもいくつもの機能が隠れているので興味があればさがしてみてください。

このアプリはまるでiPhoneのようにシンプルでパワフルですよ!!

いくつも機能が隠れているという部分でもね!

ぜひインストールしてあげてください!!

ぜひこのアプリをインストールしてあげてくださいな!!

興味を持った方はこちらからGoogle Playに飛んでいけます。

また、いいなと思ったら評価やコメントを残してくれるといいフィードバックにもなるらしいので評価の方もお願いします。

では、良い1日を願っています。

にほんブログ村 海外生活ブログ 海外留学(アメリカ・カナダ)へ

2017年5月26日金曜日

アメリカの大学でいい成績を取るのは大変か?

アメリカン成績の取り方

GPA、すなわち成績はアメリカでは非常に重要なものとなっています。

な、何故ならば日本とは違ってアメリカでは就職や大学院に行く際に成績が合否に大きく関わってくるからです。

そのためアメリカの学生は授業はよっぽどの理由がない限り欠席しません。

また、積極的に教授のオフィスアワーを利用して質問をしたり、成績の話をしにいったりします。

アメリカの大学でいい成績をとるのは大変かという答えは、はい!大変です。

というのは多くの課題や宿題があって総合的に判断されるからです。

またAをとるには総合でだいたい9割以上をとっていかないといけません。

そのため、アメリカの学生は必死に成績を取りに行くのです。

日本では就職の際に成績は重要視されないので授業をサボりがちになってしまうので個人的には成績を少しは考慮したほうがいいのではないかと思います。

でも成績って頭の良さではないらしい

学校の成績がいい人というのは必ずしも頭がいい人がとるわけではないらしいです。

以前成績に関係した記事をいくつか読んだのですが、学校の成績がいい人は真面目な人が多いということです。

頭が良くても確かに真面目に学校のやりかたに合わせないと成績は取れませんよね。

たとえば、ピカソが美術の時間にあのようなユニークな絵を書いたらきっと先生からはふざけているとしか思われません。

なので、学校が敷いたレールに合わないといい成績はいくら優秀でも取れないのです。

あのステーブジョブズだって高校時代はGPAがたったの2.65しかなかったみたいです。

もちろん、だからと言って学校で成績をとることを怠けていいわけでもこれを言い訳にしていいわけでもありませんが世の中成績や学歴が全てではないと思います。

将来的に成功するには人と違う何かを持っていて行動にうつせる人だと思います。

あの大富豪のビルゲイツだっていくら優秀だといっても行動に移していなかったら今はただのITエンジニアでしかなかったかもしれません。

個人的に思うのは成功する人とそうでいない人の差は才能ではないと思います。

”やるかやらないか”の差だと思っています。

なので、もし何かしたいと思っているなら行動に移してみてください。

アメリカ人に成功する人が多いのは自己発信ができる、すなわち行動する力があるからだと思っています。

日本人はついつい控えめになりがちですがそれを乗り越えてください。

そうすれば、目標としているものに近づくことができると思います。

アメリカは何故成績を重視するのか?

これはあくまで推測ですが、成績をとるにはアグレシッブ出ないといけません。

日本もそうだと思いますがただテストだけでいい点数をとっても授業内やプロジェクトの成績もよくないと総合での成績はよくなりません。

アメリカはきっとアグレシッブな人材を必要としている社会なので学校の成績が重要視されるのではないかと思います。

まとめぇ〜

将来の成功は成績では決まりませんがいい成績をとっといて悪いことはないのでいい成績をとるようにしましょう。

また、頭の中で完結させるのではなくて行動にうつせるようにしてください。

そうすれば、なんとかなります。

にほんブログ村 海外生活ブログ 海外留学(アメリカ・カナダ)へ

2017年5月23日火曜日

アメリカに行くなら必須のアプリ!!

これだけは入れておけアプリ

この時代に生まれてSNSを使わないなんてありえないと思います。

むしろ、アメリカに来たのならなおさらアプリの需要は高くなるでしょう。

そんなあなたのためにアメリカで入れておいたほうがいいアプリを紹介していきます。

もしかしたら紹介しなくてももうすでに知っている人もいると思いますが本当に現地でも役に立つよという証明も兼ねてしょうかいさせてください。

アプリんご、アメリカで人気のアプリ

FaceBook


言わずともしれたSNS界で一番使われているアプリ。

Facebookをいれておけばアメリカで友達になった人の投稿も見れるし、messengerで連絡も取り合えます。

Facebookはある意味オンライン連絡帳みたいな感じです。

これを持っていなかったら正直どうしようもありません。

Whatsapp


アメリカ版のラインみたいなものです。

ラインよりも昨日は抑えられていますが非常に使いやすいです。

電話番号を交換することで連絡取り合えるようになります。

そのため、アメリカで電話番号を持つ予定がない場合は日本で登録しておくようにしましょう。

Snapchat


かわいいおばけが印象的なアプリです。

このアプリは一定時間経過するとメッセージや写真が消えると言ったものです。

このアプリもアメリカではポピュラーなので入れておくといいでしょう。

必ずしもなくてもいいですが、恋人ができたらあんなものやこんなものをこのアプリの機能を使って送り合うのでその予定がある人は入れておいたほうがいいでしょう。

もちろん、普通のメッセージアプリとして使う人もいます。

Instagram


このアプリは写真や動画を主に投稿するためのアプリです。

Facebookの傘下なのでFacebookと連帯することもできます。

また、Facebookと合わせて利用する人が多いです。

このアプリもアメリカ人なら誰でも持っています。

逆にアメリカでは必要ないアプリ

Twitter

日本では利用者が多いですがアメリカでつかっているひとを見たことがほとんどありません。

正直いらないです。

日本の友達などとやりとりしたい場合は入れておいてもいいですが、アメリカでの利用機会はないと言っても過言ではありません。

Line


日本で一番のSNSアプリですがアメリカでは使う機会はあまりありません。

前述したWhatapp, Facebook messenger, Snapchatが人気のためです。

アメリカでもシェアを伸ばして欲しいですね。

アメリカと日本

やはりアメリカと日本での使われるアプリのちがいはありますね。

ですが、アメリカで使われるアプリを持っておけばほぼ全ての世界の人も使っているので新たに他のアプリをインストールする必要がなくなるので便利です。

ぜひ、アメリカに行く人はインストールを検討してみてください。

でははははは。

にほんブログ村 海外生活ブログ 海外留学(アメリカ・カナダ)へ

2017年5月20日土曜日

アメリカの夏ってアッツー

アメリカって暑くなるの早すぎ!!

アメリカの東海岸側は暑くなるのが早すぎです。

五月でもう気温が30度を超えています!!

日本の一番暑い夏並みに暑くて干からびそうです。

しかも日没がどんどん長くなって場所によっては9時にならないと完全に暗くならないようです。

それに比べて西海岸はそんなに暑くなりすぎずで東海岸よりも快適です。

特にカリフォルニアなんて年中暖かくて快適みたいです。

ニューヨークなんて夏は暑く、冬は自分が雪だるまになるほど寒いのに。。。

西と東でこんなに違うとは驚きです。

やっぱ太陽は東から昇るからかなー笑。

東海岸側でクーラーを使ったら負け

クーラーは暑い夏の必須アイテムですがクーラーを使ってしまったらもう夏には勝てなくなります。

なぜなら、外に出たくなくなるからと、外に出ると気温差でダウンしてしまうからです。

これは体に悪いので、いくら暑くても扇風機を回したり窓を開けるなりしてなるべく現代科学の結晶のクーラーを使わないようにしましょう。

慣れれば意外と扇風機だけでも生きていけますよ。

暑さ対策!!

最近見つけた暑さ対策をご紹介!!

扇風機とかかき氷とかではないです。まあ騙されたと思って一回してみたらどうでしょうか?

暑い夏は音楽を聴くとなぜか暑さを感じにくくなります。

たぶん音楽に集中するからかもしれません。

また、部屋の中で暴れ回るのも意外といけます。

適度に汗をかけてなんとなく涼しくなれます。

それかもう当たり前だけど水シャワーを浴びることですねこれが一番手っ取り早いですよ!!


アメリカの東海岸側で夏を過ごすという人は覚悟して来るようにしてください。


この曲を聴いたら少しは夏が楽しくなるかもしれませんよ??

ではEnjoy Summer!!

にほんブログ村 海外生活ブログ 海外留学(アメリカ・カナダ)へ

2017年5月18日木曜日

アメリカでできる仕事

働きたいよー?

アメリカにいても働きたいという人はいると思います。

ですが、ビザや勉強面から働きたくても働く時間や許可がないという人も少なくありません。

日本の学生はよくバイトをしていますがアメリカではそんなにバイトをガツガツしている学生を見ませんね。

それはやはり勉強が大変であり成績が将来の進路に関係するというのが大きいです。

アメリカの大学は日本の大学よりも学費が高いのでいくら奨学金をもらっているとはいえ、それが全額負担してくれる奨学金でない限りやはり学生はバイトをしたいと思うものです。

もちろん、アメリカの学生が全くバイトをしていないわけではありません。

また、留学生でもアメリカでバイトが場合によってはできます。

なので、今回はそのことについて深堀りしていこうと思っちゃってまーす!!

ちなみに英語でバイトはpart-time jobです。

長期インターンシップについてはこちら!

どうやって仕事を見つけるの?

一番の問題なのはどうやって仕事を見つけるかです。

いくら時間に余裕があろうが、働きたいと思っていようが仕事がないのなら話になりません。

では、仕事の見つけ方を教えます。

あなたは一体どこで働こうと思っていますか?

学期中はキャンパスからそんなに遠くにもいけないし、勉強もしないといけないし働く場所なんてないよ!と思うかもしれません。

あるんです!働く場所が近くに!!

そうです。キャンパスで働くのです。

日本の大学が学部生にどのくらい仕事する機会を与えているかは知りませんが、少なくともアメリカの大学は学生でもキャンパス内で働けます。

時給は10ドル前後だと思います。

キャンパスで働くことにはいくつかのメリットがあります。

まずは最低1日一時間から働くことが可能!

要するに勉強が大変でも働くことができます。

特に専門知識がなくてもできる仕事が多い!

例えば、大学のポストオフィスに来た手紙等を各ポストボックスに入れていくなど。

もちろん、教授の研究や実験の補佐等も成績次第ではいけるかも。

大学内の仕事でも履歴書に書ける!

履歴書に書けるので卒業後の就職に有利です。

もちろんキャンパスで働くデメリットもあります。

あまり稼げない

勉強との兼ね合いや他の働きたい人もいるので一度に多くは稼げないです。

あまり楽しくないかも

専門知識等がいらない仕事の場合、単調な仕事になりやすく持続しないかも。

すぐにはやめられないかも

一学期単位で働かないといけない場合があるのでやめたいと思ってもすぐにはやめられない可能性があります。

仕事なんて他にもあるぜ!

キャンパス以外にもできる仕事はあります。

近くのお店で休日だけ働くという手段もありますが、そのことをいっているのではあーりません。

ご存知の通り今はインターネット社会が主流です。

なのでインターネット上で働くのです。

例えば、オンライン日本語チューターやクラウドワークスというインターネット上で仕事を見つけて働くといった方法があります。

似たようなシステムはアメリカにも存在しますので、日本のサイトとアメリカのサイト両方登録して働くというのもいいかもしれません。

興味がある人はググってみてね!

また、友達と一緒にYouTubeを毎日投稿して楽しみながらYouTuberになるというのもいい考えかもしれません。英語を使えば見てくれる人も多いので成長も早いでしょう。


賢く効率よく楽しみながら安全に仕事していってくださいね!!


ちなみにコメント欄作っておいたので質問がある人はぜひコメントしてね!

バイ〜!

にほんブログ村 海外生活ブログ 海外留学(アメリカ・カナダ)へ